大野屋總本店の歴史

直営店(本店)

安永年間創業。嘉永2年(1849年)現在の新富町に移転し、代々足袋を作って参りました。明治5年にこの土地に新富座が、また22年には木挽町に歌舞伎町座が出来、その後、5代目福太郎の創り出した新富形の足袋が、大野屋の名を広く世に知らすところと なりました。現在も一人ずつ足形を又、足袋の他にも和装肌着やガーゼのねまき、パジャマ、ハンカチ、湯上りなど独自の色と柄の和装雑貨を製造しております。

現在も歌舞伎役者や舞踏家、能役者などの多くの役者たちに愛されている当店の足袋。履きごごちの秘密は、永年の経験が活かされたその形にございます。当店の足袋は、足が細く、小さく、きれいに見える様に底を狭くとり、爪先をふっくらと丸く仕上げた、いわゆる新富形の足袋。そのしるしにこはぜの一枚には「新富町大野屋」とございます。誂えの足袋はもちろん一足、一足型を採って仕上げをいたしております。

直営店(本店)

特別誂え足袋の他にも

「細」・・・特別に細い足袋、
「柳」・・・細めの普通足袋、
「梅」・・・やや甲高の足袋、
「牡丹」・・・特別甲高の足袋と、

同じサイズでも巾の細い足袋から広いものまで色々と用意し、ぴったり合う足袋を選んでいただける様にして居ります。
こはぜに名前を入れるサービスもございます。

大野屋総本店

お買い物はこちら

お買い物はこちら

老舗部

加盟組合のリンク